いつの間にか完治

私は以前、飲食業の仕事を昼夜掛け持ちで行っておりました。

毎日の仕事に加え家事や育児もこなさねばならず毎日が多忙の日々でした。
飲食業に携わっている事もあり髪の毛や身だしなみには気を使っていました。
ある日、仕事の休みを利用し行きつけの美容室へ行きました。

いつもと変わらず髪の毛を切ってもらっていると突然、美容師さんに後頭部に丸くキレイに髪の毛が抜けていると指摘されました。
まだ20代だった私は恥ずかしいのと、どうしたら良いのかもわからず、只々うつむく事しか出来ませんでした。

抜け毛などに関して殆ど知識の無い私は、仕方なく皮膚科を受診しました。

医師からはストレスからくる円形脱毛だと言われ、とりあえず薬は処方されたものの根本的原因はストレスの為、それを解決しないと治らないと言われました。処方された薬を髪の毛の抜け落ちた部分に塗りながら合わせ鏡で後頭部の様子を伺う日々が続きました。

ストレスが脱毛の原因と指摘されても簡単に日々の生活は変えられるものでもなく、月日だけが過ぎていきました。

いつのまにか円形脱毛は完治していました、が30代になった今でも、たまに自分で合わせ鏡で自分の髪の毛の様子を観察しています。